小さな教育費が必要でもフリーローンより教育ローンがお得

貧困と教育について考える 教育費は500万円など、高額な融資が必要なこともあれば、5万円など小さな融資で足りることもありますね。教育ローンといえば、まとまったお金を借りるというイメージがありますが、5万円だけ借りるなど、小さな金額が必要な場合でも、教育ローンを利用することが出来ます。一般的にそれほど大きな金額ではない場合、教育ローンではなくフリーローンを利用して教育費を調達することがありますね。例えば、5万円をキャッシングやカードローンで借りるのは本当に簡単で、会社によっては収入証明書も必要ないので、かなり簡単に借入出来ます。しかし、金利を考えた場合に小さな金額を借りる場合も、やはり教育ローンを利用しておく方がお得になることは間違いありません。

銀行のフリーローンの金利に関して、上限を見ると10%や15%、高いところは18%とかなり違いがあります。銀行はこれでも低金利です。教育ローンは小口の借入でも10%以下で借りることが余裕となります。こうして金利を比較すると、やはり教育費の為に小口融資を希望する場合も教育ローンを選んでおく方が、低金利からお金を借りることが出来るのでお得ですね。しっかりと金利を見ながら好ましい方を選択しましょう。

おすすめ情報