教育ローンとカードローンの違いを知っておこう

貧困と教育について考える 教育費を借りる為に教育ローンを利用するのは一般的です。しかし、カードローンでも教育費を借りることが出来ます。教育費を借りることが出来るかどうかは、金融商品の使途を見て判断します。教育ローンの使途は様々な教育に関する費用となっていますし、カードローンの使途は自由になっています。これによって、どちらの商品を利用しても教育費を借りることが出来ます。教育ローンとカードローンなら、どちらの方がお得なのか、これは考えるまでもなく教育ローンです。金利が高い教育ローンを選んだとしても、低金利のカードローンよりも教育ローンの方が金利が低いです。これは商品自体の金利相場が全く異なるので、お得なのは教育ローンと覚えておきましょう。

他に教育ローンとカードローンの違いを挙げると、申込時の書類にも違いがあります。どちらの商品も身分証明と収入証明が基本的に必要ですが、教育ローンは資金使途が分かる書類も必要です。また、カードローンの場合は身分証明だけで借りれるところもあります。借入額が大きくなると、どちらも審査が厳しくなりますが、借入額が小さいならカードローンの方が簡単に審査に受かることが出来ます。このような違いを覚えておくと良いです。

おすすめ情報