教育ローンの借入額が小さいならキャッシングで対応

貧困と教育について考える 学費などの為に教育ローンを利用する場合、もし借入額が数万円など、割と小さな金額を借りるつもりなら、教育ローンではなくキャッシングで対応することが出来ます。まず、どうして小口融資の場合にキャッシングが有効なのかと言うと、キャッシングは基本的に教育ローンよりも金利が高い為、100万超えなど大きな借入額が必要な場合はセオリー通りに教育ローンを利用する方が確実にお得になります。しかし、5万円など小さな金額を借りる場合はキャッシングの金利が高くても、借入額が小さいことからそれほど利息の負担は大きくなりません。しかも、申込の為に用意する書類や審査に関しても、小口ならキャッシングの方が簡単にお金を借りることが出来ます。

小口融資でキャッシングを利用する時はどんな会社へ申込をしても、金利は高くなります。しかし、労働金庫や銀行など、金利の相場が低い会社もあるので、そうしたところを利用してキャッシングの申込をしておけば、教育費を安い利息で借りることが出来ます。申込から審査結果が出るまで、最短で当日の借入が可能なことも利点です。ちょっとした金額の教育費が必要なら、このような方法もあるので、状況に応じて活用してみると良いです。