日本における教育ローンとは

貧困と教育について考える 教育ローンとは、日本においては金融機関によって個人を対象に行っており、使途については教育関係の経費に限定しているローンのこととなっています。そして、学生の保護者によって学費などによる支払のため利用している場合が多くなっています。また、学生本人を対象としている金銭的による支援制度としては奨学金や教育費以外(生活費や遊興費)による融資としては、消費者金融の範疇に含まれている学生ローンが知られています。

また、日本においては、高校や専門学校、大学といった義務教育ではない中等教育や高等教育機関、もしくは義務教育課程による私立小学校や私立中学校においては、入学金ならびに年払の授業料によって多額の費用が発生します。また、教育ローンに関してはその分において融資を受けられるような商品となっており、住宅ローンや自動車ローンなどと並んで、預金取扱金融機関やノンバンクが中心となって取り扱っています。そして、勤務先によっては福利厚生による一環として共済や健康保険組合などによって直接融資している制度について設けている場合もあります。なお、基本的に証書貸付によって、借り手による普通預金口座に融資金が入金されている形でありますが、殆どに関してはそのまま相手先の銀行口座に直接振込されていくパターンとなっています。

おすすめ情報